自分で決める医療保険

負担のない医療保険

医療保険で入院費がまかなえる?

何らかの医療保険に加入している人は多いですが、入院した際の保障を求めて加入する人がほとんどです。医療保険では入院給付金日額によって保障料が違ってきますが、どれくらいの入院給付金があれば安心といえるのでしょうか。平均的なところで言うと、最低5000円くらいは必要といえますね。これは入院費用だけならなんとかまかなえる額です。個室などになるととても足りませんので、10000円以上は必要でしょうね。この日額に関しては、自分がどの程度の待遇で入院したいかによって決めると良いでしょう。当然のことですが、日額が高くなれば保障料も高くなります。

入院給付金日額いくらがいいのか

医療保険に加入する場合、月々の支払いとその保障が気になるところです。多くの保障は、入院給付金日額5,000円、あるいは10,000円です。しかし、それだけ考えて保障を選ぶのは間違いかもしれません。実際、手術などして1ヶ月も入院するとなれば、手術代や差額ベッド代、食事代、医療費などもかかるわけです。すべて合わせると足が出ることが多いのも実情でしょう。若い頃ならば、治りも早いので入院給付金を5,000円に抑えることも良いでしょう。しかし、50代、60代で5,000円だけと言うのは、心もとないかもしれません。年齢やライススタイルによって、医療保険の内容も考えることが必要です。

確定申告する情報