医療保険の税金について

医療保険は控除対象

医療保障の税務について

医療保障の税務処理は、どのような医療保障に加入するかによって処理の仕方が異なってきます。ただし、契約者が法人、被保障者が従業員で、受取人が法人の場合に限ります。また、保障料については消費税に関しては非課税になっています。一方、保障金の受け取りをした場合には課税対象外となっていますので注意が必要です。個人が医療保障に加入した場合には、一定額を所得から控除することができます。所得が減ることで、所得税と住民税の節税効果が期待できます。万一、申告などを忘れていたら、確定申告や還付申告を行うようにすることが大切です。

確定申告と控除額について

この時期になるとそろそろ確定申告に必要な書類が必要になってくる。私のような個人事業者は年末調整ということをやってもらえないので、税務処理のため支払った国民年金の額や国民健康保障の額を把握しておかなければならない。単純に納付書を足していけばいいことなのだが、それが面倒。そこを行くと、民間の保障会社の医療保障は非常に親切で、一年間に支払った金額の合計を葉書にして送ってきてくれる。所得税の控除は公的なものとは別枠で民間の保障の控除額を設けてくれている。しかも医療保障を含む生命保障、個人年金、最近では介護保障と控除額が増えた。全部控除されると120000円の控除。所得の少ない私にとって非常にありがたい制度です。

お知らせ

2016-10-22 自転車保険に加入するが更新されました。
2016-04-21 保険相談 頼みの綱が追加されました。
2013-03-19 医療保険への希望が追加されました。
2013-03-19 負担のない医療保険が追加されました。
2013-03-19 変化に合った医療保険が追加されました。

確定申告する情報